セフレはセックスだけで満足しない?

やれるアプリやSNS系アプリでセフレを無事作る事に成功したとしましょう。
セフレとの目的はHです。
そのため、HをしていたらOKと考える男性が多いと思います。
しかし、セフレはHだけでは満足しません。
えっ?どういう事?Hをしたくてセフレになったんじゃないの?
そんなふうに思うかもしれませんが、この場合のHとは気持ちがいいHです。
女性の場合はパートナーとのHで、要望を口にしたり積極的にリードをするわけにはいきません。
なぜなら本命の女性にそんな行為をされてしまうと幻滅をする保守的な考えの男性が世の中には多いからです。
そのためHに奔放だと思われる行為は控えています。
対してセフレとのHは楽しんでもいい訳です。
ここでパートナーとのHと大差ないHをされてしまうと、女性にとってセフレを作る意味がないと思われてしまいます。
また女性はセフレに褒められたいという気持ちもあるかもしれません。
夫は妻に無関心で、髪をカットしても洋服を新調しても全く気付くもしません。
これではオシャレに対して張り合いがないですよね。
なので、セフレには「髪を切ったんだ、短いのも可愛いね」とか「その洋服の色、○○さんには似合ってる」など褒められると喜ぶでしょう。ちょっとしたリップサービスで女性が喜んでくれてセフレ関係が良好なモノになるとしたら、言葉は出し惜しみするべきではありません。

セフレは日常生活ではなく、非日常生活にいる

セフレを日常生活で作ろうと思ったら、セフレが欲しいと思うだけの日々が永遠を続く事になります。
勇気を出してナンパしても、ナンパされて即ホテルへ行く女性なんて相手がイケメンでもなければいません。
また合コンでも今すぐにやれる関係になれるわけでもありません。
そもそも相手の女性がセフレに対してどのような感情を持っているのか、日常生活の中ではうかがい知る事が出来ないのです。
それはセフレを作る事がまだ世間体を考慮すると、公言するべきではない事だからです。
そのため日常生活でセフレを作る事は、さっさと諦めて非日常生活の中でセフレを探しましょう。
非日常生活とはネット空間の事です。
ネット空間ではお互いは姿が見えない状態で知り合い、匿名性が守られます。
プロフィールの内容や画像がどこまで本当なのか、嘘と本当の境が曖昧な世界でもありますが、セフレを作る上では好都合な事が多いのです。SNS系アプリでも、知り合う事は可能です。
しかし予めセフレを作りたい人同士が集まるやれるアプリの方が、セフレに対してどう思っているのか明確な分展開がスムーズです。
知り合った相手の女性もセフレを作りたいと思っている訳ですから、後はお互いの条件面での問題をクリアできればいいわけです。
もっともその条件面のクリアだって簡単な事ではありませんが、ネットの世界は広く、たくさんの人が利用しているので、根気よく探せばきっとお互いの条件面をクリア出来る相手と出会えるはずです。